「倉敷市玉島・八幡保育園へようこそ」ご見学いつでもお気軽にお越しください。
理事長あいさつ

■ 理事長:中塚 周一
■ 2007年より理事長
■ 社会福祉法人 松園福祉会 ■ あすなろ園 理事長
■ 岡山県議会議員
中塚周一オフィシャルサイト
「和顔心」を基本姿勢とし、元気で明るくやさしい心を持った子どもになることを願い、小学校就学児までの年齢発達に適応した一人ひとりを大切にした保育を心掛けております。 当園では、音楽、体育、英語、硬筆等々、様々な学びを取り入れるとともに地域の方々との交流により、子どもたちの可能性や人間性を広げることのできる保育を心がけています。また、これらの体験や学びの中から「関心」を持つ姿勢を養います。何事にも関心や興味を持つことは、知りたいという思いから自らの学びの姿勢が生まれます。同時に「感動」の気持ちが沸き、豊かな心を育み、その心は、他に対する「感謝」の気持ちを持つことの大切さへとつながっていきます。 このことを踏まえながら保育目標に掲げる「ひとづくり」を目指すとともに、保護者の方が安心してお子さまを預けることのできる園づくりにつとめています。
    保育目標 みんなと仲良く遊ぶ子ども、がまん強くがんばる子ども、物事に興味をもち、考えて創り出す子ども、思った事をはっきり話し、人の話をよく聞く子ども、好き嫌いをせずに何でも食べる元気な子ども
    保育方針 保育者の温かい援助のもとで基本的な生活習慣を身に付け明るく健康な子どもを育てる。友達や身近な人や地域の人との関わりを深め思いやりのある優しい心を育てる。意欲を持って様々な活動に取り組み、がまん強くがんばる力を身につけ自主性、社会性を育てる。自分の気持ちや考えを話し、人の話も十分聞いて受け入れようとする素直な心を育てる。保護者と一緒に子供の成長を喜び合いながら育てる。個々の発達過程や状態を把握し対応に配慮しながら、障がいのある子どもが集団での生活や遊びの中で共に安心し成長できるようにする。小学校との連携を密にし一人ひとりの発達を大切にした保育を心がけ安心して就学させる。

幼稚園教諭を経て、昭和52年に八幡保育園を開園。 開園以来、すくすくのびるやさしい子をモットーに保育指導を行ってきた経験とその人柄には、子育て相談(人生相談??) に職員室を訪れる保護者の方も少なくありません。 また、最近では、これから保育士をめざす学生さんなど後進指導にも力を入れており、大学での講演なども行っています。 未来を担う子どもたちを大切に育てていきたい。 いつもあたたかい目で子どもたちを見つめています。


保護者の方、保育士みんなから頼られるお姉さん的存在。 「大丈夫!」という丸野先生の声に救われたというお母さんの声もよく聞きます。 保育士としてのプロの目線で常に家庭との連携を大切にしながら、子ども達の成長を見守っています。
保育士全員、国家資格および幼稚園教諭一種・二種免許を取得しております。職員一同、子どもたちひとりひとりのすこやかな成長をあたたかく見守っていきます。